アパートはマンションと違い、階層も低くて木造で作られていますが、家賃に関しては圧倒的にアパートが安いです。

アパートはマンションに劣る物件なのか

PAGELIST

アパートはマンションに劣る物件なのか

アパートはマンションに劣る物件なのか

アパートというとお金が無い人が住んでいる少しボロい建物という印象を持っている人もいますが、実際にはメリットも多く存在しており予算があっても敢えてアパートを選ぶ場合もあります。まず、マンションとの大きな違いは、木造であったり階層が二階までしかないという事です。

この点が外観においてマンションに劣っている原因となっています。今では、全て鉄筋で作られているアパートも存在しており、外観だけではマンションと変わりの無いアパートも存在しているので、外観が気になるのであれば探してみる事が大切です。アパートはマンションと違い、防犯カメラやオートロックのドアが付いている事はほとんどありません。そのため、女性の一人暮らしには不向きと言えます。その点は自分で防犯設備を増設する事でカバーする事ができます。アパートを選ぶメリットはまだまだあります。まず、家賃が非常に低く設定されているということです。マンションよりも間取りが良くて、物置に出来るスペースが別に付いている場合があります。引越しの際に荷物が多くなる人にはうってつけの物件です。最近のアパートは基本的に綺麗な建物が多いので、あえてアパートを選んでみる事もお勧めです。

住まいでも話題のアパートについて、このwebサイトを一度覗いて下さい