狭くて古いアパートでも、家族が寄り添って暮らすとそこは温もりのある大切な家であり、家族の絆が深まります。

アパートはマンションに劣る物件なのか

PAGELIST

アパートはマンションに劣る物件なのか

家族が寄り添う温もりのあるアパートとは。

アパートの程よい狭さは家族の距離を縮めるので、お互いの顔を付き合わす機会が多くなってきます。最近は、人間関係が希薄になってきたと言われていますが、それは部屋の数が増えていることと関係がありそうです。部屋の数が少なく、狭い方がかえって良い場合があると思います。家族が何時も接触できる距離にいると、それだけ会話が弾むというものです。ひとはひとりで生きていけないので、お互いを必要としています。それなのに何でも自分だけでしようとするひともいます。何故そのようにするひとがいるかというと、ひとつは便利な世の中になった事も理由だと思います。

便利な分、何でもひとりで出来るのでひとの手をわざわざ借りずに済みます。家族の関係を通じて、人間同士が協力して生きていかなければならない事を学ばないといけないのに、逆の事をしています。それでは人間として成長できないと思います。そのためには広いマンションよりも、狭いアパートの方が色んなことを学べるのです。長年すんでいると、建物が古くなってくるのを実感できます。また、その長い年月をかけて家族は絆を深めてきたと言えます。そうするとその古くなった建物に対して、家族同様の愛着を感じるようになるはずです。

住まいでも話題のアパートについて、このwebサイトを一度覗いて下さい