アパートに住むときには、費用を計算することです。大体、家賃の五か月分くらいは用意しておくことです。

アパートはマンションに劣る物件なのか

PAGELIST

アパートはマンションに劣る物件なのか

アパートに住むときには

アパートに住むには、家賃以外の様々な費用があることをよくよく理解しておくべきです。例えば、敷金です。これは退去するときの原状回復費用として使われるのですが、大体、家賃と同額がそれ以上です。そして、礼金というものもあります。これは単純にお礼のお金です。ですから、あまり利用者側にメリットがないことなのですが、それでも習慣としてあるわけですから、支払うことになることもあります。但し、なくなりつつもありますから、これは確定的ではないです。もう一つは仲介手数料です。これも借り手ではなく、貸し手からしかとらない、というところも増えているのですが、また両方から取っているところはあります。家賃のほかにも管理費がありますし、保険なんかに加入することが必要なこともあります。こうした諸経費があるわけです。

すべてを合計しますと最初の月では家賃の五か月分くらいは用意しておいたほうが良いです。もちろん、次の月からは家賃と管理費くらいしか支払う必要がありませんから、その点は心配無用です。しかし、アパートを借りるときにはまずはそれなりの金額を用意しておかないといけないのをしっかりと理解しておくべきであることは間違いないです。