アパートを借りたときにかかる費用は二ヶ月目以降はかなり安くなります。初回以外は家賃と管理費だけです。

アパートはマンションに劣る物件なのか

PAGELIST

アパートはマンションに劣る物件なのか

アパートを借りたときにかかる費用

アパートを借りたときの費用というものは、人によって違うものではありますが、初回が高い、というのは同じことです。要するに最初に敷金、礼金、仲介手数料などを支払う、ということです。最近ではこうしたものがないところもあります。敷金は原状回復のときのお金の先渡しみたいなものであるわけですから、自分にもメリットがありますが、礼金はほぼ意味がないものです。昔は店子と大家の関係上、お礼、というものに意味があったのですが、今ではそんな関係は希薄になっていますから、礼金を包む必要性はないといえます。管理自体は個人ではなく、業者がやっている、ということもあるのです。あくまで礼金は何か困ったときに助けてくれるから、と言う意味があったわけですが、今はあくまで対等な契約関係であり、情けが介入することはありませんから、はっきりいって取られるだけ損なお金です。

そのあたりのことが周知されてきているのか、礼金がないところも増えています。仲介手数料もないところが増えています。ですが、家賃の前払いとして三か月分くらいを要求するところもあります。こうしたことを踏まえて考えますと管理費を含めて、最初の月には家賃の三ヶ月から四ヶ月分くらいは覚悟することです。しかし、それ以降は、普通に家賃と管理費だけです。

住まいでも話題のアパートについて、このwebサイトを一度覗いて下さい