ペット可アパートにもさまざまな種類がある。間取りによっては向かない物もあるため、安易に飛びついてはいけない。

アパートはマンションに劣る物件なのか

PAGELIST

アパートはマンションに劣る物件なのか

ペット可アパートでの生活

ペット可アパート、まだまだ少ないですね。東京では猫シェルターのボランティア団体が中心となって、部屋を借りると猫の里親になれる、というマンションが出始めています。もしそこを出ていく時も希望すれば猫を連れていけるとか。非常に優れたアイディアですね。とはいえ、普通のペット可物件に住んでいれば、保健所やペットショップなどから新たな家族を迎えることができます。しかし、ペットと一緒に暮らす以上、許可の次に大事なことがあります。それは、「間取り」です。

たとえばワンルームと1K、どちらがペット飼育に向いてるのかというと、私個人の意見としては、「1K」をおすすめします。なぜかというと、必ずキッチンと居室の間にドアがあるからです。これがあるのと無いのとでは、ペットの脱走防止に大きな差が出ます。同じ理由で、一階でもバルコニーやベランダなどの障害物がある物件が良いでしょう。隙間が空いていても衝立などで防げるからです。特に生まれてずっと室内飼いの猫でもふとしたきっかけで外に脱走することがあり、また外を知らないため迷って帰れなくなったり、野良猫から病気を移されたり、車がわからず悲惨なことになることもあります。犬を飼ってる場合も同様です。猫に比べれば野良犬は少なくなったため迷い犬として保護される可能性は高いですが、悲しいことになる可能性は否定できません。

せっかく故あって家族になったペットたち。ちょっとしたことに気を使うだけでトラブルが防げます。出来るだけ長く一緒に暮らせるように努めましょう。

住まいでも話題のアパートについて、このwebサイトを一度覗いて下さい