古くなっているアパートでは、建て替えをすることによって、優良資産となり将来的にもメリットがあります。

アパートはマンションに劣る物件なのか

PAGELIST

アパートはマンションに劣る物件なのか

優良資産となるアパート経営

アパートを経営しているオーナーにとって、古くなってきた物件では、建て替えやリフォームを余儀なくされることもあります。築30年以上たっている物件では、耐震構造の部分でも、古い基準で作られているので、建て替えをしなくてはいけないです。そしてあくまでも経営ですので、放っておいても空室が埋まるとは限りません。やはり何かしらのサービスや対策を練っておくことが重要になり、古いアパートでは維持をするにも管理費なども含めて、利益としてちゃんと上がるかどうかを考えていかなければなりません。費用対効果のバランスを考えた時には、ちゃんと計算して計画を練ることです。

通常アパートなどは賃貸情報誌など、インターネットなどの情報で載せていても、なかなか借主が見つからない場合には、空室の見直しをかけていくことが大切です。仮に賃料を下げたとしても見つからない様な場合では、思い切ってアパートオーナーは建て替えを検討して見ることも必要です。そうすることによって、古いイメージから綺麗な内装の整ったアパートになりますので、入居者が増えてくることが見込まれます。建て替えにはたくさんのメリットがあり、優良資産として次に継承する事が出来るのです。