アパート選びでは、クローゼットなどの収納スペースも確認します。限られたスペースで上手に収納していきます。

アパートはマンションに劣る物件なのか

PAGELIST

アパートはマンションに劣る物件なのか

アパート選びには収納スペースもチェックする

アパートを選ぶ際、収納スペースにも注目しています。どんな家でも住んでいくと、いつの間にか荷物は増えていくものです。駅からも近くて家賃も安くてよいと思っても、収納スペースがほとんどないと、荷物の置き場にも困ってしまいます。クローゼットがあればラッキーで、その時も、必ず奥行や幅などの広さを確認します。今まで住んでいたアパートのクローセットには収まった収納ケースが、引越し先のクローゼットには幅が合わない、なんてこともあるからです。特に一戸建ての、わりと広い実家暮らしであった場合には、アパートのクローゼットの大きさとは、かなり違いがあることを頭においておきます。

実家の一戸建てでのクローゼットでは、大きめの収納ケースが収まっても、ひとり暮らし用のアパートでは、収納ケースがはみ出すなんてことは、ザラにあるからです。基本的に荷物は増やさないことが、部屋選びにも影響していくように感じます。ひとり暮らしのアパートは、収納スペースもこじんまりしているということを前提に、部屋は探していくといいです。アパート暮らしになると、スペースが限られているので、モノを増やさない努力もするようになります。余計なものも買わなくなりますし、節約にもなるのです。