アパート一階は防犯的にデメリットが多いと言われる。メリットや地域の治安も考慮して吟味しよう。

アパートはマンションに劣る物件なのか

PAGELIST

アパートはマンションに劣る物件なのか

アパート一階に住む際の防犯について

アパートと一口に言っても様々ですが、古いタイプのアパートだと一階にバルコニーや囲いが無く、外の道路から窓際まで無防備な物件もあり、女子一人暮らしを送るには少々心許ない場合があります。私の友人は、一階で生活していたところ覗きの被害に会い、しばらく私の部屋に泊まり込むということもありました。一方、一階に住むメリットはなんでしょうか?一番は「いろいろな意味でラク」なことでしょう。引っ越しの際の荷物の搬入や、疲れて帰ってきたとき階段を上がらずとも部屋にたどり着けるのは小さいようで大きいメリットです。特に雪の多い地域では屋根付き階段が一般的ですが、それでも水や凍結で滑って転ぶような恐れがあり、実際私も一度危ないときがありました。

次に、治安の問題があります。地域によっても様々だとは思いますが、新興のニュータウンのような一軒家が多く、平均所得が標準より上と推測される地域は一般的に治安が良い傾向にあります。その中にあるアパートなら、一階にバルコニーが無くとも多少安心できると思います。(断言はできませんが)逆にさまざまな人が入り乱れる都心のアパートでは一階にバルコニーなしのアパートは遠慮しておいた方が良いでしょう。女子として、治安を見極め、物件を見極め、安全安心で快適な生活を送りましょう。

住まいでも話題のアパートについて、このwebサイトを一度覗いて下さい