独り身や夫婦で共働きなど、日中にほとんど家にいないという人にオススメの賃貸物件はアパートです。

アパートはマンションに劣る物件なのか

PAGELIST

アパートはマンションに劣る物件なのか

アパートとマンションのメリット

賃貸物件に住む場合、アパートに住むのかマンションに住むのかで悩む方も多いかと思います。それではアパートとマンションではどちらの方が良いのでしょうか。いろんな角度からそれぞれのメリットを考えてみましょう。

もちろんどちらにもメリットやデメリットがありますが、もし独り身や夫婦で共働きなど日中ほとんど家にいないという方に私がオススメなのはアパートです。まずマンションに比べて家賃が安く、節約に効果的です。家賃の負担は生活費に大きく響きます。防音や振動などマンションに比べると気になる人がいるかもしれませんが、日中に外にいて家にはほとんど寝に帰るだけというような場合はさほど気にならないでしょう。今は昔に比べてアパートの造りもしっかりしてきています。

またアパートの場合、マンションに比べて間取りや作りが単純で生活しやすいです。マンションは変わった出っ張りなどがある部屋が意外と多いようで、家具の配置が難しいという話をよく聞きます。こういったことは小さなことのように思えますが、快適に生活する上では重要なことです。そしてアパートですと、部屋数が少なく煩わしい近所付き合いが軽減されます。これも生活する上では大きなポイントとなるでしょう。

住まいでも話題のアパートについて、このwebサイトを一度覗いて下さい